おせち料理を売るため販売極意!

料理写真ではいつも季節の前倒し撮影が多いのです。
お節やお鍋の撮影は、だいたい9月からはじめ、ピークは10月なのです。
これはカタログやパンフレットの印刷や設置の関係もあるので、どうしても早め早めの撮影となります。
ファッション業界と同じですね。

そして11月のお節料理撮影は、だいたい最後のかけこみ撮影になります。

_MG_7108

先日、お節料理の通販を専門にやっている方聞いた「おせち料理の販売極意」!

その方はもう8年ほど、毎年お節料理の通信販売をやっているそうです。
そこで気づいた事は、「おせち料理の写真の背景を黒から赤に変えだけで、販売数が5倍に増えた」らしいです!

最初は背景に黒がなくて、たまたま赤の背景にしたそうです。

するとその年の販売数が一気に伸びたらしいです。それからその会社はずっと赤の背景を使用しているようです。

まわりのお節料理の背景が黒や地味な色が多いから、赤はかえってカタログの中では目立つのかもしれませんね。

そこで、私はお節料理を撮るクライアン様に赤の背景をおすすめてしています。
やっぱり目立って、販売数が伸びた方が良いからね。

ただ、この赤はちょっと派手過ぎかな。キラキラし過ぎでかえって安っぽいという意見も!

こちらの写真は「イタリアンお節」になります。
いつも予約でいっぱいのレストランのお節料理です。おしゃれですよね!

カテゴリー: お知らせ パーマリンク