すぐ溶けるジェラートはどう撮る?

先日、ホテルのコース料理撮影で出されたのがジェラート。
しかもコース料理なのでジェラートが4つも! あららら溶けちゃうよー。
まだセッティングも終わっていないのに。

「すみません、シェフ!これ溶けちゃうので撮影の直前で持って来てもらってもいいですか?」と。

するとシェフは笑いながら「大丈夫ですよ。これは溶けないジェラートだから」と。

「んん!?」なんだ溶けないジェラートって?

よく見るとこのジェラート。なんと塩で出来ているのだ。
舐めてみると確かにしょっぱい。色はあとで付けたそうな。

これはホテルのパティシエが作ったそうで、作り方はあとでパティシエに聞いておくとの事で結局謎のまま。

そして今度は違うホテルの撮影時に、そこのパティシエに「撮影用のジェラートって塩で作るんですか?」と聞くと、
「そうだね。塩と砂糖を少し混ぜてね」と言ったきりあとはもぞもぞと煙に巻かれてしまった。

どうもパティシェ業界には、撮影用のジェラートの作り方のノウハウがあるようだ。

いつかその秘密を暴いてここで公開します!(笑)

気になるなぁ。

ちなみにバニラのアイスクリームは、マッシュポテトを使います。
ひび割れ感がまさにアイスで、機会があればアップします。

撮影用のジェラート

カテゴリー: お知らせ パーマリンク