50種の鍋撮影には、50種の鍋も必要!

8月、9月はお節の撮影のピーク。
そして9月、10月がお鍋の撮影がピークを向かえております。

先日も鍋50種類の撮影がありました。冬の鍋撮影はこれも食材集めが大変。
特に基本となる白菜は9月は入手が困難なため、スーパーにお手伝いしていただき、大量予約発注を。
またブリ、アンコなどの冬の魚も、あからじめ予約しておき、高ーい魚を買うことに。。。。

そして50品の鍋撮影には鍋が50種類必要。
つまりこの50種類の鍋を集めるのが大変!!!!

通常はこのような時は食器をレンタルするのですが、今回はレンタルではなく全て個人のものをかき集めての撮影。
声を掛けると、意外とみなさん結構高い鍋をお持ちの方が多いようで、数万円する鍋がザクザク出てきて、撮影には大助かり!
ルクレーゼから始まり、ストウヴ、ティファール、ブリコ、バーミキュラと料理好きな人ならよだれが出るラインナップ。

料理教室などで買わされたり、一生ものと言って買ってたりとかで。
しかし使い込まれた鍋はどこにあらず、どれも新品同様(笑)。

高級鍋は持っている事も大事かな。

鍋撮影

カテゴリー: お知らせ パーマリンク