ティーバッグの原型の写真

紅茶のティーバックを作っている会社からティーバックとコーヒーパックの撮影依頼がありました。
ティーバックとコーヒーパックの撮影って? ん?
「ワンタッチコーヒー」って、あの粉があってお湯を注ぐと、レギュラーコーヒーができるアレ?

おそらくほとんど方は、ティーバックやコーヒーを注ぐワンタッチコーヒーの原型はどうなっているかなど知らないと思います。
私もそれまで知りませんでした。
今回はそのティーバックの原型のロール(?)と、その詳細なカタログ的な商品写真、そしてティーバックやコーヒーを注いでいるシーンの撮影の依頼。
事前の資料では良くわからないので、商品を見てからと決めましょうと。

そして商品が届くと驚き!

ティーバッグは細かいナイロンのロール状になっていて、そこにティーバックの紙とヒモが付いている状態で、それがぐるぐるとロール状になっていた!
このナイロンこそが、ティーバッグの三角の正体。へー。こんなんなっているんだとみんなで感心!
どうもこれを機械でくるくるっと巻くと、あの三角形になる仕組みらしい。なるほど。なるほど。

しかもこのナイロンだけではなく、いろんな種類がある事が判明!
紙っぽいものやら、和紙っぽいもの、目の粗いものから、すっごく目の細かいものと、多種多様。
確かにティーバックっていろんな種類があるかもと改めて知った

世の中にはいろんな種類のティーバッグがあるかもと改めて知った日でありました。
このワンロールで3000パック分あるって言っていた気が。

IMG_2928

また目が細かいので撮影も大変!

2人がかりで商品の魅力を出す写真を撮らせていただきました。
次回から、ティーバックの素材を良く確認しておこうと。
下の写真はコーヒーパックのロールです。コーヒーの紙の部分が見えるでしょ。

IMG_2927

カテゴリー: お知らせ パーマリンク