アメリカとLINEを使って画像check!Aha〜

バックスでは遠距離のお客様向けに、LINEを使って画像チェックをしてもらっています。
事前に撮影イメージをお互いに固めておいてから、当日LINEを使って撮影した画像をどんどん送っていくシステムです。

これですと、クライアント様が撮影スタジオにいなくても、撮影した画像をリアルタイムで見られるという、まさに現代風な撮影チェック。
大阪や九州のお客様とは何度もやった事はあったのですが、今回はアメリカの西海岸から問い合わせで、このLINEチェックで撮影を進める事に。

アメリカにある日本食向けの業務食料品屋さんで自社開発の製品やおすすめ商品を撮影して欲しいとの依頼。
アメリカにはなんでも日本的なシズル写真を撮る事があまり無いらしいです。
確かにアメリカの料理写真はかなーり濃いからね。

そして朝9時、アメリカ西海岸時間夕方18時から撮影開始!

料理はワカメやエビなどの料理だが、これをうちのフードコーディネイターの舞ちゃんは、カリフォルニアにして料理を提案。

なんたって彼女は、元カリフォルニア料理店で長い事、調理人としてやっていただけあり、まさにそのイメージはクラインにどんぴしゃ!

さらに今回は難易度の高いカリフォルニア料理なので、お互いのイメージを掴んでもらうために舞画伯が登場。料理人、時には画伯。
事前に作る料理のラフスケッチを書いてイメージを固める手法も。

mai-pic

撮影してはLINEに画像を送って、クライアントからはLINEで細かな修正指示が来て、すぐにそれをベースにまた撮影をしていくスタイル。
お互いの息が合えばなんて便利なツールなのでしょう!

line

そして出来た写真の1枚がコレ

img_1827

そして終了時間が14時、アメリカ時間夜の10時
アメリカとの距離を感じさせないぐらい、早いのはさすがネット社会の便利さを感じる

そしてその会社がなんと写真を気に入ってくれて自社のトラックに貼ってくれた。
これが超カッコイイ!!!!!! さすがアメリカのトラック 画になるね。。

SONY DSC

こんな感じでバックスは現代ツールを駆使した撮影法もやっております。
遠方の方も安心して対応が可能ですので、ぜひご利用してみてください!

しっかし、このトラックかっこいいなぁ。。会社の車にもシズル写真を貼ってみるかなあ。
でも日本でふつうの乗用車に、例えば焼肉のシズルある料理写真を貼ると確実 痛車(イタシャ)になるね(笑)

カテゴリー: お知らせ パーマリンク