結婚式2次会を撮る

結婚式2次会

私はあまり結婚式の撮影は行わないのだが、今回リクエストがあり2次会の撮影を久々に行った。

やっぱり結婚式の2次会はいつも笑えます。必ずおもしろい友人は数名いるものですね。
「オレ、ビンゴまでイーシャンテン!イーシャンテン!」と叫ぶ友人。
司会者:「イーシャンテンは言わなくていいです。テンパイになったら喋ってください!」って。

今日の司会を務めた方はお笑い芸人の駆け出しの方で、お笑い芸人は司会もするものかと感心。
聞くと司会は舞台馴れにはいいトレーニング場らしいです。

さて、写真のハナシ。
結婚式は通常の料理撮影と違い、クリップオンのストロボ(電池式のストロボ)がメインになってきます。また結婚式などはシャッターチャンスが瞬間にやってくるので、ストロボのチャージ(充電時間)時間と、連射が勝負になってくるのです。

料理写真は瞬間写真はあるものの、結婚式はさらに早い瞬発力が求められ、これが連射するとストロボのチャージ(充電時間)に追いつかずイライラしてしまいます。
この仕事が増えるならハイパワーの充電器が必要のようです。

battry.jpg

よく取材会見などでカメラマンが一斉にストロボを炊くシーンがありますが、あれば通常の電池ではストロボの充電が追いつきません。
そこで、ストロボに別のハイパワーのバッテリーを繋げてどんどん連射できるようにしています。
だから1秒に7コマぐらいの連射にも、ストロボがコマ落ち(ストロボが光らない)せずに付いてくるのです。

今日の撮影カット数:600カット。
やっぱり結婚式はシャッターを切るな〜。

聞くところによると、式前から教会〜披露宴などは、約2000カット撮るらしいです。
まあそうだろうね。

すると、5回で1万カット、50回で10万カット 150回で30万カット!

通常のカメラは5万回でシャッターユニットを交換、プロ機でさえ30万回と言われているのに!!!!
ウエディングカメラマンは大変そうです。

カテゴリー: お知らせ パーマリンク